ベネフィクスの投与量

ベネフィクスの投与量は、出血傾向、血の固まる時間、活性値を検査し、主治医の先生の判断によって決まります。

血液凝固因子製剤の効き目は、患者さんごとに違います。 これまでは、手術前などに血液検査を行っていましたが、ベネフィクスの場合は患者さんそれぞれの投与量を決めるために、初回投与時に血液検査を行います。 ベネフィクスの投与量は基本的には以下の計算式によって求められますが、日常的な投与量については主治医の先生の指示に従ってください。

ベネフィクスの投与量の計算式

ベネフィクスの投与量(IU)=「体重(kg)」かける「第9因子の目標ピークレベル(%)」かける「係数」係数とは、あなたの第9因子レベルを1%上昇させるのに必要な体重あたりの投与量。あなたの係数は初回投与時に血液検査をして決まりますので、主治医の先生にお問い合わせください。