注射の手技について

ベネフィクスを使用される患者さんとそのご家族の方に、知っておいていただきたいことをQ&Aとしてまとめました。

監修医師
聖マリアンナ医科大学 小児科学特任教授
聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院 小児科部長/こどもセンター長兼任 瀧 正志 先生
監修看護師
聖マリアンナ医科大学病院 吉川 喜美枝 看護師 / 産業医科大学病院 小野 織江 看護師 /
医療法人財団 荻窪病院 和田 育子 看護師 / 医療法人財団 荻窪病院 石倉 未緒 看護師
Q1駆血帯(くけつたい)の使い方のポイントを教えてください。
A1
はずすためのボタン 駆血帯(くけつたい) ゆるめるためのボタン

※ご使用の駆血帯(くけつたい)とは、異なる場合があります。

駆血帯の使い方のポイント(1)

まず、腕に通す前に大きめの輪を作ります。

駆血帯の使い方のポイント(2)

腕を輪に通したら、まず軽くしめ、その後、帯を真上に上げてしっかりとしめます。

(帯を横に引くと、皮膚をはさむことが多いので注意しましょう。)

駆血帯の使い方のポイント(3)

血液の逆流を確認したら、ゆるめるためのボタンを押しながら帯を引いてゆるめます。

(このときに、はずすためのボタンを押すと勢いよくはずれてしまうので注意しましょう。)

Q2血管がなかなか見つからない場合は、どうすればよいですか?
A2

血管がなかなか見つからないときは、次のような方法を試してみましょう。

腕を心臓より低い位置に下ろします。

お風呂の湯程度の温かさの蒸しタオルで血管部位を温めます。

手の先の方から体の中心部に向かい、血管の上の皮膚を少し力を入れてさすります。

親指を中にして手を握ったり開いたりを繰り返します。

Q3血管への針の刺し方と進め方のコツを教えてください。
A3

同じ血管に繰り返し注射をすると、血管が硬くなって針を刺しても逃げてしまうことがあります。いくつか注射する血管を探しておくことも大切です。注射する血管が決まったら、次のような方法で針を刺し、進めていきましょう。

血管への針の刺し方と進め方のコツ(1)

注射する部位の皮膚を指で伸ばしながら、針の断面を上にして約30度くらいの角度で刺します。

血管に針が入ると、翼状針(よくじょうしん)のチューブに血液が逆流してきます。

血管への針の刺し方と進め方のコツ(2)

血液の逆流を確認したら、針と皮膚がほぼ平行になるように針を少し倒して進めます。

※血管の深さに合わせて、もう少し浅い角度で針を刺す場合もあります。

Q4翼状針(よくじょうしん)の針刺し防止カバーは、どのように使えばよいですか?
A4
翼状針の針刺し防止カバー使用法(1)

注射が終わったら、針の上にアルコール綿を置き、針刺し防止カバーを針側に倒します。

翼状針の針刺し防止カバー使用法(2)

翼状針(よくじょうしん)の翼(つばさ)を親指と中指でつまみ、人さし指をカバーの付け根近くに添えて針を抜いてください。

翼状針の針刺し防止カバー使用法(3)

親指だけ翼(つばさ)の下面にスライドさせて、持ち直した親指と人さし指でカバーをロック位置まで押し込みます。