注射手順

  • Step 1
    駆血帯をしめる

    注射する血管の10cmぐらい上の部位を駆血帯でしめ、血管を浮き立たせます。
    [ひじの内側の血管に注射する場合は、こちらをご参照ください。]

    注意。駆血帯はきつくしめ過ぎないようにし、長い時間しめないように注意しましょう。皮膚の色が変わってきたら、駆血帯をはずしてしめ直します。
  • Step 2
    注射部位をアルコール綿で消毒する

    注射部位の皮膚をアルコール綿でていねいにふき、消毒します。

  • Step 3
    血管に針を刺す

    翼状針の翼の部分を折りたたむようにして持って、針のキャップをはずします。その後、針の断面を上にして約30°の角度で刺します。

    注意。注射をするまでは、針先にふれないようにしましょう。
  • Step 4
    血液の逆流を確認し針を進める

    注射器の内筒を少し引いて翼状針のチューブに血液が逆流してくるのを確認したら、針を少し倒して血管内に針を進めます。

    注意。血液の逆流は、チューブ内に少し確認できる程度にしましょう。注射器内まで血液が逆流しないように注意しましょう。注射器内に血液が入ると血の固まりができることがあります。
  • Step 5
    駆血帯をゆるめる

    駆血帯をゆるめます。

  • Step 6
    薬液を注入する

    注射器の先端を下に向けて内筒をゆっくりと押し、主治医から指示された速度(通常1分間に4mLを超えない速度)を目安に、薬液を注入していきます。

    注意。・駆血帯をゆるめるのを忘れないようにしましょう。・内筒を押すときに抵抗があったり、薬液がスムーズに注入できない場合、また薬液が血管の外にもれて痛みを感じる場合は、すぐに中止して別の血管に注射しましょう。
  • Step 7
    針を抜く

    注射が終わったら針を抜きます。
    まず、注射器を机の上に置いてから、針の上にアルコール綿を置き、針を抜きます。

  • Step 8
    針を抜いた部位を圧迫する

    針を抜いたら、アルコール綿の上から血が止まるまで圧迫します。

    注意。・注射した部位は、圧迫してしっかりと止血しましょう。・針の後片付けは、血が止まったことを確認して気持ちを落ち着かせてから行いましょう。
  • Step 9
    絆創膏を貼る

    血が止まったことを確認したらアルコール綿をはずして絆創膏をしっかりと貼ります。

ひじの内側の血管に注射する場合

ひじの10cmぐらい上の部位を駆血帯でしめ、ひじの内側をアルコール綿で消毒してから針を刺します。その後は、STEP4からの流れにそって手順を進めてください。